専業主婦におすすめの保険は死亡保障より医療費重視で


363093c085eda22dcdd4a312c14aa660_s

専業主婦でも生命保険には入っておいたほうが良いのでしょうか?夫の稼ぎだけで暮らしている専業主婦も多いですから、生命保険は必要ないのでは・・・と考える主婦も多いようです。

 

しかし結婚してから家庭に入っても、生命保険はなるべくなら入っておいてほうが良いという意見が多いです。
何故なら夫だけの収入で暮らしていて、夫に何かがあった場合、生活に困ることがなくなるからです。

 

病気や怪我などの保障もしてくれる生命保険が良いでしょう。
医療保険は高齢になればなるほど必要になってくる機会が多いので、現在の年齢からでも入っておいて損はありません。

 

 
もし18歳未満の子供がいた場合、夫が亡くなった場合には遺族基礎年金というものが振り込まれます。
子供が1人なら、年間で1,002,500円となります。

 

サラリーマンであった夫なら、遺族厚生年金ももらうことが出来ます。
夫の所得や厚生年金加入期間によってその額は変わっていきますから、一概にいくらもらえるとは言えません。

 

 

 

 

専業主婦が保険に加入するのであれば、医療保険中心で考えるほうが良いでしょう。
専業主婦に万が一何かしらあったとしても、夫が以前のままの仕事を続けていくのであれば、子供を育てることも出来ますし、経済的に豊かでない場合は生命保険に無理に加入する必要はありません。

 

 

しかし生命保険に医療保険、がん保険などが特約でついてくる場合は別です。
生命保険に特約としてついてくるがん保険や医療保険が終身である場合は、生命保険に入っていたほうが確実に安全です。

 

 

何らかの病気で入院した場合にその分の金額をもらうことが出来ます。
生命保険プラス、医療保険がついてくる保険は専業主婦にはオススメなのです。

 

 

 

また貯蓄型の生命保険もオススメです。
積みたて貯蓄という要素もあります。

 

 

 

毎月一定額が自動で徴収され、それが徐々に溜まっていくという仕組みになっています。
生命保険で積みたて貯蓄は、いざという時のための保険、そして経済的な安定のための貯金となりますのでそのような生命保険に加入することは専業主婦でもオススメなのです。

 

 

 

 

また学資保険、個人年金、養老保険など、一生涯を保障する終身保険であればあるほどお得です。
一定額なかなか貯金が出来ないという女性でも、自動的に引き落とされますから手付かずのまま貯蓄することが出来ます。

 

 

もし夫を亡くしたとしても、遺族年金ももらえますし、生命保険をかけていればそれももらうことが出来ます。
自分になんらかのことがあった場合でも、夫に残すべき財産があることは安心材料の1つです。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る