危ない!!2016年から始まる主婦の扶養106万の壁


bsGreen17_enter20141123150149

2016年から始まるのが主婦の扶養106万円というものですが、実際これはどういうことなのでしょうか?

フルタイムで働いている会社員は正社員となりますが、それ以外で非正社員はパートや派遣社員、契約社員や依託社員となっています。

 

この短時間労働者における健康保険と厚生年金の加入対象者が106万円の壁で増えると言われています。

 

健康保険、年金についてはパート主婦が130万円未満の場合、夫の扶養から外れませんが、2016年からは年収106万円に引き下がってしまうのです。
これまでパートでギリギリ130万円をこえないように稼いで来た主婦にとっては大変な痛手です。
主婦の年収がパート収入のみの場合、103万円以下であれば所得税はかかりませんが、これは所得税に38万円の基礎控除、最低65万円の給与所得控除があるからと言われています。
38万円と65万円を足した103万円以下なら、2つの控除範囲内であるため、所得はゼロになり、主婦の税金は納めなくても良いことになっています。

 

 

 

 

しかし今現在働いているパートや在宅ワークなどの主婦はどうでしょうか?今までのように130万円で働いていた場合、自分自身が国民健康保険や会社の社会保険に加入する必要が出てきます。
パートでも1日1週間以上の労働時間が正社員の4分の3以上であれば、パートでも厚生年金などに入ることが出来るようになっています。
こうしてチェックしてみると、103万円を超えると税金が発生し、扶養から外れ、自分自身で保険に加入しなければならないということで、損をしているように思いますが、そうは考えず、今までどおり130万円程度働くことをオススメします。
保険料は勤め先と折半で納めることになりますが、厚生年金保険料を納めていることによって老後の年金が増えることになります。
ですから、長い目で見ると、103万円の壁というのもあながち悪いことではありません。

 

 

 

 

また1ヶ月の賃金が8,8万円以上というのが厚生年金に加入出来る条件の1つとなっていますが、年収では106万円になります。
所得税は払っても厚生年金の負担は軽くしようと、103万円から130万円の間に働いていた主婦は106万円の壁にぶつかることになりますが、

 

 

夫の賃金も変更があるかもしれませんし、実際導入されなければどうなるか分からない制度なので、今すぐ何かをしなければならない、やめなければならない、というわけではありませんので、

通常通り、2016年に施行されるまでは現在のまま働くのが良いでしょう。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る