専業主婦なら保険は不要?蓄える金額と考え方


8035640561_b31f4cd5c1_b

専業主婦には保険ははっきり言ってしまうと不要かもしれません。
そもそも民間の医療保険に入らなくても、社会保険や国民保険に加入しているので、幅広い範囲で保険はカバーされているのです。

 

 

まず高額医療制度というものがありますが、これは月に一定額を超えるとその分返ってくるという制度です。
自己負担はそもそも上限がつくので、月収40万円の人が月300万円医療費がかかった場合、自己負担は10万円程度になります。

 

全く供えがなくても困りますが、多少たくわえがあるのなら、民間医療保険などに入らなくても良いのです。

 
ただ、生命保険は使うことが出来ます。
生命保険として使うのではなく、貯蓄として生命保険を利用するのです。
養老保険、個人年金保険も貯蓄保険の1つです。
生命保険で貯蓄は10年以上を目安にしましょう。

 

 

 

払い込み期間内に解約するとお金は貯金額より少なく戻ってきますが、満期まで貯めると支払額より大きな金額が戻ってくるというものです。
生命保険にはこのような制度が設けられていることが多いので、貯蓄型として生命保険を利用すると良いでしょう。

 

 

 

また医療保険でも、一定期間保険を使わなかった場合に限り、数十万円戻ってくる、という制度が整った保険があります。
仮に10年間その医療保険を使わなかった場合、10万円が戻ってくる、還付されるというものです。

 

 

 

また掛け捨て型保険も多いのですが、これからおすすめなのが終身、貯蓄型の保険です。
一生涯保障をしてくれる保険に加入することは安心です。

 

 

貯蓄も一緒にしてくれますから、いざという時お金が必要になった場合にありがたいことになります。
また自分が貯金をしているという意識がないので、気軽に貯めることが出来るのも魅力です。

 

 

 

実際、保険に入るとなるといつが良いと思いますか?断然、それは誕生月より前になります。
誕生月になると年齢が1つ上になりますから、保険料もそれだけアップするのです。
終身型の保険なら、一生涯保険料が上がらない場合でも、少しでも若いうちに入っておいたほうが貯蓄型保険でも、安く済みます。

 

 

専業主婦に保険は必要か不要かということに関しては、実際不要だ、と答える人もいますし、自分で健康管理出来ていれば問題ない、と考える人もいるようです。
しかし概ね医療保険くらいは入っておいたほうが良いでしょう。

 

 

人生何が起こるか分かりませんから、老後のことも考えると病気にかかる可能性だってゼロではありません。
ですからせめて医療保険を1つくらいは入っておいたほうが良いでしょう。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る