賃貸とマイホームを比較。最終的にはどちらにメリットがある


6b50b6cb7021b14d93355fb04f50cf27_s

賃貸住宅とマイホーム、実際どちらがメリットがあるのでしょうか?将来性を考えるとどちらに住むのがメリットが多いのでしょうか。

実は、最近はマイホームを持つよりも賃貸を移り住むほうが生涯を通してみると安くなると言われています。

 

しかし賃貸の場合、いつまでも自分たちの持ち物にはなりませんし、リフォームなども出来ません。
しかし引越しは自由に出来ますし、リスクも少なく、被災などで倒壊しても引っ越せます。

 

維持費もかかりませんから、楽に住めるというメリットがあります。

 

 

 

ではマイホームの場合はどうなるのでしょう。
誰もが1度は憧れるマイホーム。
自分たちの城とも比喩されるマイホームですが、メリットはどんなところにあるのでしょうか?

 

 

 

まず、マイホームは資産としての価値があります。
有利に相続も出来ますし、年数が経てばリフォームなどもすることが可能となっています。
住宅ローン控除もありますから、多少コスト的にはゆとりを持つことが出来ます。
しかしマイホームにデメリットもあります。

 

 

固定資産税がかかったり、維持費がかかるなどいくつかの制限があります。

それをふまえて賃貸とマイホーム、どちらがメリットがあるのか?と言えば、最終的には微量の差でマイホームではないかと考えられます。

マイホームは資産になりますから、いざという時に売却することが出来ます。

 

 

賃貸ではそれは出来ませんから、いざという時は困ります。
マイホームは自分たちのものですから、誰にも奪われることもありませんし、アレンジも自由です。

 

 

 

また老後について考えてみると、賃貸の場合、老後の賃貸マンションやアパートを確保出来ない可能性も出てきます。
それを懸念するのであれば、マイホームを購入したほうが安全です。

 

子供に相続させて維持することも出来ますし、途中でリフォームを入れればずっと住み続けることが出来ますから、マイホームのほうがメリットは大きいかもしれません。

 

 

 

しかし賃貸で色々な場所に移り住む、出張が多い、という場合は賃貸で済ませる人も最近ではかなり多くなってきました。
賃貸のほうが金銭面で見ると生涯を通すとマイホームより若干安いということになりますが、それでもマイホームを夢見る人が多いのは、自分好みの家を持てるということからでしょう。

 

 

 

ガーデニングなど、特にそのような家に飾り付けをしたいという主婦ならば、なおさらマイホームで庭付きを検討したいものです。
その代わり、ローンがついてきますから、そのやりくりをうまく行わねばなりません。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る