看護師の学校は30代主婦でも取れるのか?再就職の為の資格取得


3b969dcd61f4a21c5fafa22a500aec10_s

看護師の学校は30代主婦でも入ることが出来るのでしょうか?看護師と言えば、高校を卒業してから入るもの、というイメージがありますが、実際30代の主婦が看護師を目指してスクールに通うことは出来るのでしょうか?

実際、看護師学校に入るのに年齢制限はありません。

 

看護師学校では必要な看護教育を受け、看護師国家試験に合格すれば誰でも看護師になることが出来ます。
ですから結論から言ってしまうと、30代主婦でも専業主婦だった人でも看護師学校に通うことは可能となります。
国家試験に受かれば看護師になることも出来るのです。

 
主婦で看護師学校に入る人は30代から40代までが最も多いと言われています。
この年齢は子供の年齢もちょうど手が離れる頃、小学校3年生~くらいになりますので、主婦から看護師を目指す人も珍しくありません。

 

30代が看護師学校へ行くには大きな壁がある

 

しかし、一重に看護師を目指すといっても色々種類があります。
准看護師を目指すか、正看護師を目指すかによって通うスクールも異なります。
正看護師の場合、4年間の大学、専門学校に通う必要があるので、学費もかかることは当然、その間の生活費も確保しなければなりません。

貯蓄を崩すという手段もありますが、コスト高はコスト高です。

 

通学費用や教材費などもバカになりませんから、正看護師になるためには、貯金をしっかりしておく必要があります。
または家計を助けてくれる何かがあれば良いでしょう。

 

 

また最も基本的なことですが、メンタルの強さも必要です。

実はこれが1番持っていたいことです。

 

スクールに通うのは良いけれど、自宅でも勉強を続けられる根性があるかどうかという点です。

10代の頃とは異なり、体力も記憶力も衰えている年代ですから、それを克服するにはとにかく勉強するしかないのです。
やり遂げる強い意志が必要になりますし、それを持続させることが必要となります。
実技を何度やっても同じところで間違えてしまう、テキストが全く頭に入らない、などは当然のこととして覚えておきましょう。

 

 

それをふまえてでも看護師になるんだという強い決意があるのなら、スクールに通い、体力、メンタルや集中力を総動員して勉強に熱心になる必要があります。
もちろん家族の同意も必要ですし、子供がいるのなら、子育てはその間どうするのかということも話し合わなければなりません。

 

 

主婦から看護師学校に入ることは可能ですが、その後看護師になれるかどうかというのはその人のメンタルの強靭さにかかっています。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る