自宅でサロンを開業する時の資格取得方法|主婦のプチ起業


190f50113cf01dd0b4a041be345bea24_s

専業主婦が憧れるのが自宅での開業です。
特に美に関しての開業は趣味を伴った大変やりがいのある仕事になります。
特に最近多いのがネイルサロンになります。
スクールもたくさんありますから、通うのに困ることはないでしょう。
ネイルは通信制でも資格取得が出来るのですが、独学で学ぶのは実際は難しいです。
わざわざ高いお金を払ってスクールまで通って取るべき資格なのか?と思うかもしれませんが、独学でネイルの資格を取得するのは大変難しいことです。

 

 

まずネイリスト検定には実技、筆記の2つがあります。
ネイリストとしての知識はもちろん、ネイルアートに関する知識や爪の構造、病気など、爪に関するあらゆる問題が出題されます。

実技では甘皮の処理からマニキュア塗り、スカルプなど、様々なネイルを短時間で済ませる必要があります。
綺麗なことはもちろん、手際よく行う必要もあります。

 

 

 

このことから、独学で自宅で勉強してネイリスト検定に望むというのは大変難しいこととなっています。

 

スクールに通って、友達同士で練習を交換しつつ技術をつけていくのが最もスピーディです。

また、ネイルを開業するにはネイリスト検定3級では通用しない場合が大変多いです。
少なくとも2級は欲しいところです。

 

ネイリスト検定3級なら、自宅で独学でもとることが出来るかもしれませんが、2級以上となるとスクールに通わねば難しいということになります。

そうなるとスクールに通ってプロの実技を受けるのが一番になるのですが、専業主婦も家事や育児をしなければなりませんから、そうそう毎日スクールに通っていられません。

 

そのためネイルスクールにはフリータイム制という体勢を取ったスクールも存在しています。

 

 

週に1日から通うことが出来ますから、1日だけ子供を実家に預けてスクールに通うという方法もあります。

 

ネイルスクールは最近多くなってきましたから、どこに通えば良いか分からなくなりますが、自宅から近い場所が最も良いでしょう。

それでいて、検定のサポートをしてくれるスクールを探しましょう。

 

 

 

スクールの金額もスクールによって異なりますから、金銭的な面も含め、自分が通いやすいスクールを見つけるようにしましょう。

そして自宅で晴れて開業と言う頃にはネイリスト検定2級、もしくは1級を取っていれば言うことありません。

 

 

ただ、お客を呼ぶのが大変なのがネイルショップなので、友人の口コミからお友達同士で紹介しつつお客を集めることになります。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る