再就職の専業主婦を支援する制度とは?


a43c687fa366307245ea35b52846fd6b_s

専業主婦は一度家庭に入ったら、再就職は難しいと言われて来ました。
しかし、このたび、国が主婦層に対して再就職支援を行うという発表があったようです。

 

 

主婦の再就職支援のサイトを国もバックアップしていく、というものだそうです。
本当にうまく支援を受けて再就職をかなえることが出来るのでしょうか?

 

 

まず、主婦インターンシップというものがあります。
インターンシップと言えば学生が仕事の経験をするというイメージがありますが、

主婦もブランクを埋めるため、職場で実習生として働くことが出来るという支援があるのです。
すでに中小企業が始めている計画です。

 

またこの実習期間には助成金ももらえるので、日額5,000円から最高7,000円となっています。

 
また派遣を使って働くということも出来ます。
子供がある程度手が離れた小学生、もしくは保育園に入れてしまえば、日中は自由になりますから、パートや派遣で働くことが出来ます。
派遣会社を利用する場合は、複数の派遣会社に登録しておくと良いでしょう。

 

登録自体は無料で出来ますから、複数登録してもなんら問題はありません。
いくつかの派遣会社のコンサルタントと話をして、自分に好都合な案件があるのなら、振ってもらうと良いでしょう。

コンサルタントと気が合わないということもありますから、そのときのことを考えて複数登録したほうが良いです。

 

 

もし条件がほぼ同じような案件が違う会社から2案件送られてきたら、面接をそれぞれ受けると良いでしょう。
会社の雰囲気も分かりますし、担当者の態度でもどのような会社であるか少しは分かるはずです。

 

正社員、契約社員、パートや派遣社員の場合、近くのハローワークを利用すると便利でしょう。

 

ハローワークを介した案内では、殆ど自分の都合に沿った案件を提示してくれますし、

連絡をくれますから、合う、合わないというものがありません。

また自分から好きな条件で検索してしたい仕事を見つけることが出来ます。

 

 

その場合は自分で面接に出向く必要がありますが、もし資格や経験なり持っているのであれば、アピールすると良いでしょう。

 

ハローワークも最近では主婦の再就職に力を入れており、おおいに受け入れ可能となっていますので、活用しない手はありません。

 

 

ただし、いずれの就職も35歳を要に年齢を切っていることはあるようです。
もちろん年齢不問と書かれていることもありますが、35歳以上か、以下か、がチェックされることでしょう。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る