主婦の再就職が不安な気持ちを明るくする先輩の言葉


7f7d4dab705c6bcb3ead48ca68208275_s

仕事を長期に休んでいると、再就職する際に、どうしても不安になります。
ブランクが多いけれどついていけるかな?事務には慣れているけれど、実際今やってみると出来ないかもしれない・・・。

 

 

というような不安を持っている専業主婦も多いものです。
そんな主婦を力づけてくれる先輩の声を聞いてみましょう。

 

まずは、資格を取ると強い、というものです。
資格を持っているのと持っていないのでは売り込み方が違ってきますから、少しでも多くの資格を取得し、その仕事に適した資格を持っておくと良いでしょう。

 

 

さらに実務経験があるのであれば、ブランクがあってもしっかりアピールすることが大切です。

このような声もあります。

 

ブランクがあっても今でも仕事が出来るということをアピールするのです。

 

 

さらに資格を取得することで、この人はこれくらいの仕事が出来るんだなと面接官に思わせることが出来ます。

また、ママ友の言葉も励みになります。

 

 

最近働き出したんだ、今度復職決まったよ!というような声は、だったら自分も出来るのでは?というイメージに繋がります。
周りのママが働き出したことにより、社会に取り残されてはいけないと一念発起した、というママもいるのです。

 

 

 

子供を育てながら働くのは難しいですが、保育園に預けてしまえれば日中は暇になりますから、しっかり働くことが出来ます。
出来ればパートなど時間の融通の効く働き方が良いでしょう。

 

 

 

アルバイト、パート、派遣社員など働き方は1つではありませんから、5時であがれるパートもありますから、そのような夕方勤務が早めに終了する働き口なら、保育園のお迎えに送れることもありません。

 

 

また書類選考を通過するために先輩がひねって出してくれた案には、PTA活動やボランティアなどがあります。
ボランティアをしていたということは人のために何かをしてあげる行動力がある人と見られますし、PTA活動はリーダーなどをやっている経験があるなら、

人をまとめる力があると見られますから、会って話を実際してみたいな、という企業も多いものです。

 

 

 

 

まずは企業に自分を会ってみたい人、と感じさせる必要がありますから、履歴書作りは慎重かつ大胆にしなければなりません。

自分の居場所を見つけることが出来たら、就職は必ず成功するという言葉もあります。

 

 

先輩が、どの会社も落ちてしまってどうしようもなかった場合にふとチラシで応募していたところに応募すると受かったということもあるのです。
チラシなどの求人は即戦力を欲しがっていることが多いので、ブランクがあってもすぐに働ける状態の主婦なら歓迎してくれるでしょう。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る