専業主婦が在宅で取れる資格の種類


dd6b607a6319e360c9b1f2772ceb63d3_s

専業主婦が突然外の世界に出て働くともなれば大変です。
また何の資格も持っていない場合、特殊なケースでない限りはアピールポイントが少なくなります。
働きに出る前に自宅で資格取得をすることは出来るのでしょうか?
今では通信制で資格取得することが出来る制度を利用すると良いでしょう。
数ヶ月で資格取得することが出来る資格もあれば、数ヶ月かかる資格もあります。

 

ブランクが長ければ長いほど、仕事の面接で落ちるケースが多くなってきますから、1つでも資格を持っているとアピールポイントが違います。

 

実は主婦でも行政書士を取れる!!

 

では専業主婦が自宅で資格取得出来るものはどんなものがあるのでしょうか?

仕事として需要が高いと言われているのが介護職員などヘルパー関連の仕事になります。

 

ヘルパーは3ヶ月程度で資格が取れますから、比較的とりやすい資格と言えます。
また、勉強の内容もそれほど難しくありません。
ヘルパーの資格を取って働いている兼業主婦は多いです。

 

しかし体力がかなり必要ですから、体力に自身のない人はやめておいたほうが良いです。

 

 

 

医療事務や介護でも事務系、調剤事務などは需要がありますし、オフィスで働くということで負担が少ないのでブランクがあっても資格を取ってチャレンジするのも良いでしょう。

 

そして、行政書士という資格もあります。
難易度は高いですが、受験資格に制限がなく、何歳でも一定の学歴がなくても誰もが受験することが出来ます。
しっかり勉強して、行政事務所を持つことも出来るのです。
何といっても、行政書士は国家資格ですから、1度取ってしまうと二度と消えることはありません。
この資格を持って行政事務所で働くという手段もあります。
なかなか助手の見つからない事務所も多いですから、重宝されるでしょう。

 

 

しかしそれなりに難しい試験となりますから、しっかり勉強する必要があります。
家事の合間に、というわけにはいかないことも多いです。
夜に家計簿をつけた後、しっかり勉強の時間を取る必要もあります。

 

 

しかし、将来のことを考えると開業も出来る行政書士は資格を持っていて損はしません。
通信制でも行政書士の資格を扱っているところもありますから、そこを利用してしっかり勉強するのも良いでしょう。

 

将来開業したいのであれば、他の業種よりかなり安く開業出来るのが行政書士です。
まずは行政書士事務所で秘書として働き、ノウハウを学んでから開業するということも出来ます。

 

 

もちろんブランクのある主婦でもチャレンジ出来る資格なので、一度行政書士やヘルパーなど、主婦が取れる資格をチェックしてみましょう。
色々な発見があるはずです。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る