主婦の医療保険、得する活用術を身に着けよう


cd2917412be793e397b85278f1c53287_s

専業主婦でも保険には加入しておいたほうが良いでしょう。
生命保険は殆どの場合不用だと思われますが、医療保険の加入はしておいて損はありません。

 

医療保険はいつ何時事故や事件に巻き込まれるか分かりませんから、そのいざという時のためにかけておくと助かります。
専業主婦は医療保険をどう活用すれば良いのでしょうか?

 

主婦が入っておきたい保険は、医療保険ですが、中でも入院保障がある保険に入っておきましょう。
病気で入院してしまった場合、入院保障があると安心です。

 

 

入院保障のある医療保険なら、その分も保障してくれますから、夫が家事などで負担があり、収入が少なくなっても補うことが出来ます。

 

 

また女性特約がある保険に加入する必要があります。
女性には女性特有の病気があります。

 

乳がん、子宮がんなどは他人事ではありませんから、これらの保障がついている医療保険を活用しましょう。
さらに妊娠前に入っておくことがベストです。

 

 

 

妊娠中は保険に加入することは出来ませんから、妊娠前に入っておき、分娩で何か起こった場合でも保険が降りるようにしておくと助かります。

また医療保険には掛け捨てと積みたての両方がありますが、専業主婦なら積みたてを選びましょう。

 

 

掛け捨ての場合、保険を使わなければそのお金は戻ってきませんが、積み立ての場合は途中で解約してもお金は戻ってきます。
さらに持病を持っている女性の場合、入ることが出来る保険が限られてきます。

 

しかし病気、手術などのために備えておきたいという気持ちはあります。
また保障が一生涯続くものが安心出来ます。

 

 

一般的に保険に加入する場合、自己申告として病気があるかどうか、その病気はどんなものかというものを申告して入ることになります。

 

ここで嘘をついてしまうとかけてきた保険料がバレたときに戻ってこなくなりますから、一般的な保険は加入が難しいと思っておきましょう。

 

しかし最近は持病があっても入れる保険というものがたくさん販売されていますから、それらをチェックしてみましょう。

 

 

 

健康告知なしで入れる保険もありますし、一定ラインの健康が守られているなら入れる保険が多数あります。
その場合は自分がラインにあてはまるかどうかを一度真偽して、入れるのであれば今からでも遅くないので医療保険には加入しておきましょう。

また、医療保険の中では一定期間保険を使わなければいくらかお金が戻ってくるボーナス制度のようなものがあります。
そのような保険に入っておくと急なボーナスになるので嬉しいでしょう。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る