主婦の貯金はいくら?出来ない傾向と今から出来る節約法


53c34e4bb18457ec96753d23468b7be2_s

専業主婦をやっているからと、のんのんとしていてはいけません。
専業主婦で、夫の収入のみで暮らしていくのですから、しっかり節約をして貯金をしておくのが賢い選択です。

 

 
まずは片付け、整頓をしてみましょう。
その中から不用なものは出てきませんでしたか?着古した洋服、買ったけど着る機会のなかった洋服やドレスなど、同じような雑貨類。

 

安いものでも積もってしまうと大きなムダになります。

ムダを見つけ出すためにまずは大掃除をして、自分が何をどれだけ購入し、そして現在使っていないのかを把握しましょう。

 

 

主婦も貯金は出来る!今から定期貯金にしてみる?

 

定期預金を作ってしまうのもスピーディな貯蓄方法と言えます。
引き出すことが出来ない定期預金を作って、毎月1万円からでも貯めていくと、徐々に金額は増えていきます。

 

生活費を渡されて、残ったら貯金しよう、というのでは考えが甘すぎます。

 

 

どうせそれでは残りはしません。
あといくらあるから○○を買って・・・という風になってしまうのです。
ですから強制的に預金される定期預金を有効活用しましょう。

 

 

 

 

また、出来合いのものは避け、専業主婦なのですから自宅で自炊をしましょう。
コンビニ利用は避け、料理出来る食材を買ってきて自炊することが一番です。
たまの外食はご褒美としてあってもよいですが、外食ばかりだと費用がかさみます。

 

 

まず生活費をもらったら、貯金額を引き出して、貯金専用の口座に入れてしまうことが先決です。
残ったお金で生活をする工夫をしましょう。

 

 

 

さらに必要なものは必要な時に買うということを徹底しましょう。
あとで使うから、と先取りしてはいけません。

 

安いものを多く買うのは良いのですが、今それは本当に必要なの?といったん立ち止まってみることも必要です。

 

消耗品は業務スーパーなど安いところでまとめて購入するのも良いですが、その他食品などに関しては、まとめ買いや特価だからといって買うことはありません。
本当に必要な時にだけ買えば良いだけの話です。

 

 

 

また古着などをフリーマーケットに出すという方法もあります。
洋服が大量にあるけれど、もうこんなに着ない、という場合、処分するのは面倒なのでフリーマーケットに出しましょう。

 

少しのお金でもお金になりますから、ありがたいことです。

 

 

 

そのようなちょっとした節約や1日これだけのお金しか使わない、など、財布に入れる金額を決めておくと徐々にお金は貯まってきます。

その徐々に貯まっていくお金はいざというときのためにへそくりとして隠しておきましょう。

 

それが徐々に増えてくると、節約するのが楽しくなってきます。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る