主婦に有利な再就職の業種を抑えて仕事復帰に役立てよう


f34db60c2275c5b4e77d5940c6dcc4b8_s

専業主婦が再就職のために有利になる職種はあるのでしょうか?基本的に、ブランクがある主婦の再就職はどんな業種でも難しいと考えておいたほうが良いでしょう。
正社員ならもちろんエクセル、ワードは使えて当たり前、しかし働いたことのない主婦は分からないこともあります。

 

 

OA事務、一般事務や営業事務は募集が多いけれど、それだけ実務経験を問われます。
一度も働いたことがない、事務経験がないとなると、就職は見送りになります。
ただ、資格を持っていると別です。
医療事務などは特に主婦層には人気がある資格で、通信制で取得出来るというのもポイントが高いです。
医療事務は基本的にデスクワークなので体力を使う必要もなく、入力やレセプト管理など、それほど難しいこともありません。

 

パートなど短時間募集もしているので、医療事務は大変人気があります。

 

通信でも取得できるケアマネはやはり仕事復帰に有利です。

有利と言えばケアマネージャーです。
これも資格が必要ですが、通信制で取得することが出来ます。
ケアマネと呼ばれるケアマネージャーですが、介護ヘルパー事務所に1人は必ず必要な存在なので、重宝されます。
ヘルパーからケアマネに昇進することも出来ますが、そのたびに試験を受ける必要があるので、

最初からケアマネの資格を取っておくと主婦でも有利に就職することが出来ます。
介護福祉士からステップアップする人も多いようです。

 

 

主婦に有利と言えば、上記にあげたケアマネと同じく、ヘルパーがあります。
これはパートとして働くことが出来、もちろん正社員登用もある大変需要の高い業種の1つです。
高齢化社会になり、ヘルパー不足に陥っている現在ですから、主婦層でもヘルパーは重宝されます。
またパートで働くのであれば、時間の融通も多少は効きますから、

どんどん利用者さんを入れても良いし、休みたい日があるのであれば休むことが出来ます。

 

 

ただ、急な呼び出しなどはあるかもしれません。
しかしヘルパーは面接に行くと大抵採用されることが多いです。
しかし小さい子供がいる場合は、保育園に預けていることが前提となります。
子供が熱を出して急にお迎えに行かなければならないという場合でも対応してくれますから、

体力に自信があるという人はヘルパーに向いています。

 

 

さらに主婦として料理を毎日作っていると思いますが、ヘルパーの仕事は掃除だけではなく入浴介護、料理もその内の1つです。
少ない材料の中からいかにレパートリー広く料理を作れるかも大切になります。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る